[おすすめの電験3種講座]

SATの公式サイト

電験3種の合格率が低すぎるワケ

電験3種の資格試験のことをちょっとでも調べたことのある方であれば、まずその合格率の低さに目が行くと思います。

電験3種以外にも難易度の高い電気系資格はありますが、それらでも合格率が20%前後とかあったりしますが、電験3種に関しては近年では合格率が1ケタ%があたり前のような状態となっております。

この合格率が異常に低い原因について、試験の難易度以外の切り口で私なりに探ってみましたので順を追って見ていきましょう。



まずは電験3種の合格率の推移から

まず、電験3種の合格率がどれ位なのかをご存じない方のために、試験制度が変更された平成7年から現在までの合格率の推移を見ていきましょう。

電験3種試験の受験者数と合格率の推移
年度 申込者数
(人)
受験者数
(人)
受験率 合格者数
(人)
合格率 科目
合格者数
(人)
科目
合格率
平成7年 50,997 39,077 76.6% 4,160 10.6% 23,970 61.3%
平成8年 62,759 51,895 82.7% 8,646 16.7% 26,970 52.0%
平成9年 70,362 59,025 83.9% 7,982 13.5% 18,403 31.2%
平成10年 65,836 54,386 82.6% 5,804 10.7% 18,203 33.5%
平成11年 63,594 52,358 82.3% 6,238 11.9% 24,622 47.0%
平成12年 67,354 55,767 82.8% 6,703 12.0% 17,068 30.6%
平成13年 65,604 53,446 81.5% 6,490 12.1% 21,761 40.7%
平成14年 66,867 53,804 80.5% 4,364 8.1% 15,477 28.8%
平成15年 67,966 51,480 75.7% 5,336 10.4% 15,583 30.3%
平成16年 59,919 44,661 74.5% 3,851 8.6% 15,140 33.9%
平成17年 56,676 42,390 74.8% 4,831 11.4% 16,423 38.7%
平成18年 54,611 41,133 75.3% 4,416 10.7% 12,858 31.3%
平成19年 55,234 40,608 73.5% 3,647 9.0% 11,939 29.4%
平成20年 54,509 40,140 73.6% 4,361 10.9% 15,350 38.2%
平成21年 64,259 47,593 74.1% 4,558 9.6% 17,140 36.0%
平成22年 68,471 50,794 74.2% 3,639 7.2% 14,240 28.0%
平成23年 67,844 48,864 72.0% 2,674 5.5% 13,245 27.1%
平成24年 68,484 49,452 72.2% 2,895 5.9% 14,741 29.8%
平成25年 69,128 49,575 71.7% 4,311 8.7% 12,381 25.0%
平成26年 68,756 48,681 70.8% 4,102 8.4% 14,625 30.0%
平成27年 63,694 45,311 71.1% 3,502 7.7% 13,389 29.5%
平成28年 66,896 46,552 69.6% 3,980 8.5% 13,457 28.9%
平成29年 64,974 45,720 70.4% 3,698 8.1% 12,176 26.6%

新制度開始から平成13年までは合格率が10%を切ることがありませんでしたが、以降については下降傾向にあり、直近の8年間は10%を切るのが当たり前のようになっております。

この結果だけを見ると、これからもどんどん合格率が低下するようにも見えてしまいますが、この合格率の低さの原因は、受験する方々の属性に起因しているのでは?と私は考えております。

その辺りを次から解説していきます。


受験制限がないという罠

以前、「電験3種の試験概要」の記事でも軽く触れておりますが、電験3種には受験制限がないため、いわば万人に対して門戸が開かれております。

国家試験であれば、受験資格として学歴を問うものや実務経験を必要とするものなど、一定の条件を満たさないと受験することが出来ないものもある中で、誰でも受験することが出来るというのは非常に良い試験制度だと言えます。

ただし、これは他の受験制限がない資格試験にも共通して言えることですが、受験制限がない資格試験については知識・学力の乏しい受験生が多い傾向にあります。

学歴や実務経験を受験制限として設けている資格試験であれば、何らかその分野に精通している人、知識として取り込んだうえで受験する方が多い傾向にありますが、受験資格が完全フリーの資格の場合は業界知識も基礎学力も関係ないため、受験生の属性が雑多なものになってきます。

例えば、東京大学の入学試験の合格率は25%前後となっておりますが、これはセンター試験での足切り点をクリアした人が受験した結果の合格率となっているため、いわばきっちり準備した人達が受験した結果の合格率であり、もしセンター試験がなかったら合格率は天文学的な数値になるでしょう。

まぁ、東大の例は極端ですが、ようはそういうこと。
この合格率自体がきっちりと準備した方々のみの合格率ではないことは明白。

じゃぁ、「本気で勉強してきた人の合格率はどれくらいなん?」という話になってきますが、さすがに本気か本気じゃないかの人数までは公表されておりませんが、近いもので言えば科目別合格者の人数と合格者の人数の合計が、本気で電験3種の試験対策をしてきた人数だと言えるんじゃないかと思います。

それらを加味した場合、直近10年間の本気受験生の合格率は以下のようになります。


年度 科目合格者+試験合格者 合格率
科目合格者 試験合格者
平成20年度 19,711人 15,350人 4,361人 22.12%
平成21年度 21,698人 17,140人 4,558人 21.01%
平成22年度 17,879人 14,240人 3,639人 20.35%
平成23年度 15,919人 13,245人 2,674人 16.80%
平成24年度 17,636人 14,741人 2,895人 16.42%
平成25年度 16,692人 12,381人 4,311人 25.83%
平成26年度 18,727人 14,625人 4,102人 21.90%
平成27年度 16,891人 13,389人 3,502人 20.73%
平成28年度 17,437人 13,457人 3,980人 22.83%
平成29年度 15,874人 12,176人 3,698人 23.30%

さすがに電験2.5種と言われていた平成23、24年に関しては低い合格率となっておりますが、それら以外はおおむね20%前後となっております。

あくまでも私の推論なので保証なんか出来たもんではありませんが、本気で取り組めばこれ位の合格率になってくるかと思いますよ。(あくまでも参考程度で。)


試験形式が5肢択一式であるがゆえの罠

あまり試験対策をしてこなかった方々も受験されていることが影響し、全体の合格率が下がっている説明をさせて頂きましたが、わざわざ受験会場まで足を運ぶ理由のひとつに試験形式が5肢択一式であることも起因していると考えられます。

過去問を4科目通しでやったことがある方ならわかると思いますが、全く理解不能な問題だらけでもマグレで正解したりすることがちょくちょくあります。

確率的に考えても5問に1問は正解するので、20点(法規なら30点)は取れる計算になり、これがうまく重なれば、稀にですが60点を越えることもあるんですよね。

そう、あわよくば合格するんじゃないの?という錯覚をもたらします。
※私自身がそうだったように・・・

おそらく電験3種の試験形式が記述式であれば、受験人数自体今よりも下がっていたと思いますが、選択方式であるが故に試験対策をしていない方にもかすかな希望を与え、電験3種受験生として繋ぎとめる要因になっていると考えられます。

ただし、所詮は運。
試験後には厳しい現実を突きつけられることになります。。


公表されている合格率は参考程度に留めておこう

電験3種の合格率が低い理由をツラツラとご説明させて頂きましたが、結論として言えることは、「あまりアテにならない」ということ。

合格率が高かろうが低かろうが、ようは各科目で60点以上得点出来れば鉄板で合格出来る試験なので、これから電験3種を目指す方は「いかにして60点を越えられるか」という点に着目し望んでもらえればよいかと思います。

で、晴れて合格した際は「オレ、合格率1ケタ%の試験に受かったぜ!(キリッ」と全力で自慢するようにしましょう。

SNSフォローのおねがい

[スポンサーリンク]


人気ブログランキングの応援よろしくお願いします!
ここまで読んで頂きありがとうございます。
本日の記事は、いかがでしたか?あなたにとって少しでも参考になりましたら
クリックの応援よろしくお願いいたします<_ _>

dogeza


資格受験 ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村 電気・通信系資格へ

平成30年度向け 電験3種の人気通信講座ランキング!

当ブログを訪問して頂いた方々が選んだ電験3種の通信講座のランキングです♪

いずれの講座もカリキュラム内容、合格実績の面で申し分ありませんので、電験3種の試験対策を通信講座でお考えの方はぜひチェックしてみてください!

なお、各講座の最新情報は公式サイトより無料で配布されている講座パンフレットにてご確認いただくのがベストですので、各資格スクールより資料を取り寄せてみてくださいm(_ _)m


  • SATの第三種電気主任技術者パーフェクト講座

    SATの第三種電気主任技術者パーフェクト講座

    SATの講座教材は合格するために必要な分だけに絞り込んだフルカラー教材、専門講師による講座専用に収録された講義教材によるインプットで超効率的に学習を進めることが出来ます!
    講義はEラーニング版ならマルチデバイス対応となってますので、スマホやタブレットでも視聴が可能!通勤途中やちょっとしたスキマ時間も有効活用出来る点がグッドです!
    科目別の単科講座も開設されてますので、独学のプラスαにも最適です。

  • 翔泳社アカデミーの電験3種合格特別養成講座

    翔泳社アカデミーの公式サイト

    電験3種の資格取得のプロによる生講義、試験によく出る問題に焦点を当てて構成されたテキストでカリキュラムが組まれているため、非常に効率よく学習を行うことが出来ます。
    また、こちらは通信講座ではめずらしい電話サポートが付いており、分からないところをいつでもその場で解決することが出来るというのが最大の特徴です!
    資料請求すれば講座ガイダンスDVD&電気単位一覧付きクリアファイルがもらえるので色々お得です^^

  • JTEX(ジェイテックス)の電験三種受験講座(総合)

    JTEX(ジェイテックス)の電験三種受験講座(総合)

    JTEX(ジェイテックス)は、40年以上に渡り技術資格講座一筋で展開している老舗の資格スクールで、電験3種講座についても高い指導実績を誇っております。
    講座の種類としては、4科目セットのコースと科目別の単科講座がありますので、科目合格を目指す受験経験者の方もかなり重宝する資格スクールと言えます。
    受講料も電験3種の通信講座の中ではかなり安いので、予算が気になる方も手が出しやすい価格となってます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ